独り易学研究会 就職の占いで地風升初爻
- 2016/02/01(Mon) -
前回独り易学研究会の続きです。

離婚は思いとどまり元さやに納まったクライアントさんですが、
お給料の少ない旦那様をなんとか少しでもサポートしたい、
4月からお子さんも小学校入学を控えていますので、クライアントさんも
何処か就職して働きたいとのご相談がありました、というところからですが、
そのご質問を受け、先生は地風升の初爻を得られました。
さて、貴方ならどう回答致します?
すぐに浮かぶのは、クライアントさんは家族の為に真剣に仕事を探そうと
なさっている方のように感じられます。その真剣さ、そして謙虚さを見て
下さる方が必ず居て、良い就職先が見つかる、と、見ました。初爻ですから
近いうちに近い所で良いご縁がある、見られます。(伏卦安泰ですしね)
初六は巽の主爻で、巽順の徳、人に謙り高ぶらない徳を持っています。
巽順の徳がありますから上の者から助けを得られ、伸びゆくことができると
すれば、何方か上の方からの紹介で良い就職先が見つかる、と、私は判断しました。
クライアントさんは謙虚で誠実な方と思います。どのような仕事であっても
一生懸命頑張りたいという意欲、お気持ちもおありと想像できます。
そういった熱意、人となりを見ている方はちゃんと見ているのですね。
さて、先生のご回答も、辞に允升。大吉。とありますから矢張り引き立てて下さる
大人がいるので就職先は意外とすぐに見つかりますよ、と、お答えしました、
果たしてクライアントさんはといいますと、升の初爻通り、ある方からの引き立て、
紹介を得て、お子さんが通う小学校のすぐそばにある保育園へ勤めることとなり、
お子さんと一緒に通えるようになったそうです。
朝はお子さんと一緒に出て、帰りはお子さんの学校が閉まれば保育園でお子さんを
待たせて一緒に帰られるので、大変良い就職先が見つかったと大喜びでいらしたそうです。

で、この地風升初爻は、私にとってとても思い出深い卦でもあります。
HP六十四卦の部屋のこの卦にもエッセイとして書かせていただいてますが、
それはかれこれ30年程前、私がはじめて易経を勉強してみようと決断し、
高井紅鳳先生から紹介して頂き、高部紅佑先生の門を叩いた初日のことでした。 
当時は今の私と同じくらいのお年頃でしたでしょうか、笑顔で優しく迎えてくださった
高部先生が、一番最初に筮の取り方を指導してくださった時のことです。 
「・・・そうね、はじめて易を立てるのだったら、今後貴女が易者としてやって
いけるか如何かを見ましょうか。」そう仰いながら、先生は徐に筮を取り始めました。 
そして、得た卦がこの升の卦だったのです。私にとって希望に満ちた大変嬉しい吉卦で、
とても喜んだことを覚えています。 升の初六でした。 
・・・ふと振り返りますと、升の卦のように、素晴らしい師に引き挙げて頂きました
お陰で30年も、地道にマイペースで易のお勉強を続けて来られたことに気づきます。
今後も頑張って、幾つになっても謙虚さ、誠実さを心し、易の勉強をコツコツ(独り)
続けていきたいと思っています☆

今回の独り易学研究会はこれまでと致します。(^^)

046.jpg

ご参考までに 〜 マリアの占い館 六十四卦の部屋 (只今絶賛加筆訂正中!(笑))
この記事のURL | 独り易学研究会 | ▲ top
| メイン |