大晦日の開運厄払いと新年のキーワード占い
- 2013/12/30(Mon) -
明日はもう大晦日だなんて、早いですね! 毎月の最終日を「晦日」といいますが、
一年の最後の晦日を「大晦日」といいます。大晦日は、現在では一年の締め括り、最後の日として
何となく忙しない日を連想しますが、古くは心身を落ち着かせて清め、終夜眠らずに歳神(神道の神)を
家に迎え入れるという風習があったそう。大晦日に早く寝てしまうと、シワや白髪が増えるという
コワ~イ(笑)言い伝えもありますから、この日ばかりは夜更かししていた方がかえって美容に
良いのかもしれませんね。^^;
除夜の鐘を聞くまで起きている、年明けすぐに初詣へ出かけるというのは眠らず夜を明かした古い
風習が簡略化されたものなのかもしれません。これは二年参りといいますが、神社では災難を祓い清める
除夜祭が執り行われ、お寺では除夜の鐘が討たれ、この鐘の音を聴くと、108つある煩悩が
取り除かれるといわれますよね。0時を挟んで神社仏閣をお参りする人が多いのは、旧年も新年も
お参りした事となり、二年分の御利益があるので、二年参りと云うそうです。
寒いですが、一年を無事過ごせたことを神仏に感謝しつつ、二年参りで心身を清めるのもよいですね。

年越しといえば年越しそば♪
昔から「年越しの夜におそばを食べると縁起が良い」と言い伝えられていますよね。
細く長く延びるそば故「長生き、延命長寿」に繋がるといわれますが、実は年越しそばの由来は
様々で、例えばそばは切れやすい為、「旧年の災厄を切る」といわれたり、金銀細工師が飛び
散った金銀粉をそば団子で集めた事から「金運上昇」、そばを振るまって運が向いてきた事から
「開運」等、言い伝えは多くあるようです。

食べ方などに細かい決まりはないようですが、食べ残してしまったり、年を越してから食べるのは
縁起が悪いとされてますから、大晦日に全て食べきって、気持ちよく新年を迎えたいですね。^^

旧年の邪気を払い、新年の運を開くラッキーフード@年越しそば、美味しく頂きましょう☆

画像は長いお付き合いの友人@Rが送ってくださいました信州そば。大晦日に家族で頂きます。

P1100175twretwrew_edited-1.jpg

そうそう、あともうひとつ!大晦日に赤いものを身につけ年を越すと幸せになるといわれます。
赤は魔力を持つ色と考えられていますが、身につけると魔除けとなり災いから身を守ってくれます。
実践してみては如何でしょう? 特に赤い下着を身につけるのが良いそうです。(イタリア説)

明後日から新しい年が始まりますが、新年最初の日にその年のキーワードを占う魔術も紹介したいと
思います☆

1月1日にテーブルの上に新聞紙を大きく広げ、エプロンなどを着ましょう。

ブルー、グリーン、レッド、またはブラックのインク、若しくは絵の具などの着色料を、大きな
ガラスのボウルに入れます。 実のついたヒイラギの枝を持って、特別な新年の願い事を
念じながらゆっくりとかき混ぜます。
インクが新聞にはねかかったら、それが重要な意味を表します。
新聞にはねた部分の文字、文章などが、新年のキーワードとなるのです。
これらのサインにピンとくるものを感じましたらしっかり心に留め、インクは流して捨てましょう☆

IMG_0038terwer.jpg

それでは皆様、良いお年をお迎え下さいませ☆
この記事のURL | 魔女マリアの魔法 | ▲ top
| メイン |