家族からのクリスマスプレゼント☆
- 2013/12/26(Thu) -
皆さま、クリスマスは如何過ごされましたでしょうか。

我が家は3年ぶりに日本でのクリスマスを家族皆で過ごす事ができました。

ベルギーでの思い出を話しながら、チキンを焼いて、ケーキを頂きました。

チキンといえば以前もお話致しましたが、こちらは↓ヨーロッパ魔女仲間から教えていただいた
ウィッシュボーン(Wishbone)。 今年もしっかり見つけました♪

P1100014twretwr_edited-2.jpg

七面鳥や鶏などを食べた時、首の後ろの二股に分かれた叉骨(さこつ)を見つけます。
それはウィッシュボーン(Wishbone)と呼ばれとても縁起の良い、願いを叶えるお守りとなります。
欧米ではこのウィッシュボーンのカタチをしたアクセサリー等も売られています☆ 
(以前、確かティファニーでウィッシュボーンのペンダントを見かけたことがありました)

この、一羽にひとつしかないウィッシュボーンを見つけると縁起が良く幸運と言われ、見つかり
ましたら二人の小指をYの突端にひっかけお互いに願いをかけながら引っ張り合います。すると
骨は折れますが、手元に長い方が残った人の願いが叶うといわれます。

また、クリスマスシーズンにこの骨を手に入れた女性は、家の戸口に骨をかけておくと、
新年は素敵な恋人が現われる、既にパートナーがいる人も、パートナーとの絆が強くなる、と
いわれています。

クリスマスシーズンではなくても、ウィッシュボーンを見つけるチャンスがありましたら、
大事に保管しておくか、何方かと小指をひっかけて互いに願いをかけながら引っ張って
みるのも良いですね。(^^)

クリスマスケーキはベルギーを思い出しながらヴィタメールのケーキを♪
(お皿はポーランド食器。我が家の食器はこの3年ですっかりポーリッシュポタリー&
ベルギーBochばかりになってしまいました)

P1100054twretwr_edited-2.jpg

ヴィタメールのショップって、ベルギーには私達が住んでいましたブリュッセルに一軒しか
ないのですよね。 よくショップの2階のカフェでケーキをいただきましたり、テラスで食事を
しました事等、懐かしく思い出します。 それと、ベルギー以外では日本のみに出店しているのも
不思議ですし、嬉しいです。(^^)

さて、そんな中、子供たちからとっても嬉しいクリスマスプレゼントが☆

息子からは、「いつも暇さえあれば本を読んで勉強してるから。(笑)」と、素敵なブックマークを。

P1090840twretwrw_edited-1.jpg

嬉しくて涙が・・・   

娘からは可愛らしい薔薇の花束&メッセージが☆

P1090827twretwr_edited-2.jpg

親馬鹿なのでメッセージがまた嬉しくて。「かわいいかわいい」だなんて、親子逆転ですね。(嬉涙)

P1090823twretwr_edited-1.jpg

そして夫からも同じく薔薇の花束が。

P1090878twretwr_edited-3.jpg

早速娘からの薔薇と一緒に飾りました☆

P1100096twretwr_edited-2.jpg

夫からの薔薇の花束の中には可愛らしいピンク色の百合のお花も。
「いつも笑顔に元気を貰えているから、そんな笑顔をイメージして添えてみた」とのこと。
嬉しい。。。。

P1100098twretwr_edited-1.jpg

そしてそして、もうひとつ、夫からのクリスマスプレゼントが!

P1090606twretwrew_edited-1.jpg

このブルーの箱はもしかして・・・ ティファニー!

P1090612terwetwrew_edited-1.jpg

吃驚しながらそーっと箱を開けてみましたら・・・・

前々から欲しいと思っておりました、馬の蹄鉄のネックレスが!!!!

P1090680twretwr_edited-1.jpg

馬の蹄鉄は大変な縁起物で、ヨーロッパで最も一般的なお守りのひとつとされ魔除け開運効果が高く、
グリーティングカードなどにも描かれていたり、田舎の方では蹄鉄を玄関のドアに飾ったり、拾うと幸運、
ともいわれてます。U字型からその窪みで幸せを受け止めるといわれ、花嫁が腕にかけて持つ地方もある
とのこと。私は午年なので(そう、来年は年女)、前々から馬の蹄鉄モチーフな小さなブローチや
ペンダント等探していたのですが、夫はそれを覚えていたのですね。(嬉涙) 

コレクションしているベルギーのアンティークポストカードと一緒に撮影☆ U字が幸せを沢山受けて
くれそうです♪

P1090817twretwrew_edited-2.jpg

と、また見せびらかしてしまいましたが、御蔭様でとても素敵なクリスマスとなりました。

素敵な家族に恵まれました事、深く深く感謝せずには居られません・・・☆
この記事のURL | 家族 | ▲ top
| メイン |