トワルドジュイのバッグ小物
- 2013/09/16(Mon) -
去年、記事にも致しましたが、私は手先が不器用@両手が前足なファブリックコレクターです。(笑) 
可愛い布切れがあると 「何かに使えそう!」 なんて、己の力量も弁えず手が伸びてしまう、
これはもう、一種の病気です。美しい布を集めて幸せ気分に浸り、クッションカバーやキルト、
マイ箸袋等もいつかこちらに掲載しました事がありましたが、ベルギーへ越してから、
手作り布小物ショップの知り合いから教えていただきました、トワル・ド・ジュイ(toile de Jouy)
を知ってからはその美しさに心を奪われてしまいました。マリー・アントワネットやナポレオン
も愛したというトワルドジュイ、去年はパリ郊外にあります博物館まで見学に出かけました。

フランスはベルギーの隣国で近いので、ブリュッセルの布屋さんにも置いていますし、先程お話
致しました長いお付き合いの手作り雑貨ショップのIさんに御依頼しますと、バッグ等に
素敵に変身させて下さいますので嬉しくて☆ 

そんな中、とっても美しいトワルドジュイの布が、破格の値で無造作に置いてあるのを発見!
中途半端に余った布、とのことで、幅が280cmの布1.5mの品が何と、15ユーロで!

20120624_49twretwre_edited-1.jpg

20120624_50twretw_edited-1.jpg

とても美しい布ですので是非、Iさんにお願いしましたところ、「マリアさん、これは
掘り出し物の中の掘り出し物ですよ!ラッキーでしたね!喜んで作成させていただきます!」
とのこと、ベルギーから日本のIさんに布を送りまして、先日、布を余すところなく使い切って
くださり完成しました!との御連絡が!!! 帰国してから出来上がりましたので、
ベルギーへ送って下さるという手間も省けて良かったのですが、あの、無造作に置いてありました
埃をかぶったトワルドジュイの布が、Iさんの手でこのように美しいバッグ小物に変身しました♪
もう、嬉しくて嬉しくて・・・ Iさん、あらためまして感謝致します!

大き目メッセンジャーバッグやボストンバッグ、小ぶりのグラニーバッグ、大小ポーチ、
布トレイetc. まさかこんなにも沢山、作っていただけるとはと、吃驚です!
バッグの中も勿論丁寧な作りで、Iさんならではな細やかな作業にいつもながら敬服致します。

P1130807twretwrew_edited-2.jpg

P1130803twrewr_edited-1.jpg

P1130809twrew_edited-2.jpg

P1130813twretwr_edited-1.jpg

P1130819twrerwe_edited-1.jpg

P1130823twrerw_edited-1.jpg

P1130827twrwe_edited-1.jpg

P1130831twrerw_edited-1.jpg

P1130833twrerw_edited-1.jpg

実はこちらの柄、ベルサイユ宮殿でみつけましたトワルドジュイの傘や、お皿等と同じ柄
でしたので、更に驚き、嬉しくなりました♪ Iさんが仰った通り、ブリュッセルの布屋さんで
埃がかぶっていた赤い布は、掘り出し物の中の掘り出し物でした。 

こちらがベルサイユ宮殿で求めましたトワルドジュイの傘。

20120724_1twrerw.jpg

傘の内側にはブリュッセルで求めた布と同じ柄が☆

20120724_24twretwr.jpg

フランス伝統陶器Gianとトワルドジィとのコラボのお皿等も同じ柄。

20120724_160tj.jpg

ブリュッセルにお住まいで、同じくトワルドジュイの布をお探しの方がいらっしゃいましたら、
Le Chein Vert(http://www.chienvert.com/)というお店と、Joyce Tissue(Chaussee de Wavre
790、1040Etterbeek 月~土9:30~18:30迄)にありました。
赤い掘り出し物の布は、Joyce Tissueで見つけました。(^^)

素敵な赤い布とのご縁、あらためて嬉しく、Iさんの御蔭で思い出深い貴重な品となりました☆
Iさん、お忙しい中本当にありがとうございました。
この記事のURL | ベルギー生活 | ▲ top
| メイン |