ルクセンブルグへ行ってきました☆ その3 ギョーム2世広場からGrand Rueへ
- 2013/03/28(Thu) -
前回の続きです☆

ノートルダム大聖堂を後に、ギョーム2世広場へと向かいました。

オランダ王で、ルクセンブルグ大公(1840~1849)でもあったギョーム2世の名のつく
広場は、ギョームがルクセンブルグの自治権と、その統治組織を認めたことに感謝して、
1884年に彼の騎馬像を建てたそうです。↓こちらがその騎馬像です。

P1040504terwerere.jpg

P1040509terwere.jpg

IMG_0060terwererewererer.jpg

このギョーム2世の凛々しい騎馬像は、大公宮殿に向かって立っています。
像が向かっている先に見える、↓大公宮殿は、1418年に建てられ、市庁舎としても使われて
いた建物で、火災の為1573年に再建、1841年より大公宮殿となったとのことです。

IMG_0206lux2.jpg

大公宮殿近くの像↓。後ろにはルクセンブルクの国旗。

P1040692terwere.jpg

その傍には師匠オススメのお菓子屋さんがありました♪ マドレーヌがとっても美味しい
ルクセンブルグでも有名なLea Linsterさんのお店とのことです☆

P1040705terwere.jpg

勿論購入♪

P1040702lux.jpg

師匠の仰る通り、とても美味しいです♪♪♪

P1460370terwerer.jpg


そのままショッピング街のGrand Rue へ出ますと、面白い噴水に出会いました。
Will Lofy作の噴水とのことです。

P1040726terwerere.jpg

P1040721terwere.jpg

ぐるりと3人の音楽隊がいらっしゃいます。

P1040731terrwerew.jpg

そろそろ帰宅間際でお店も閉まるギリギリに、ビレロイ&ボッホのお店に到着。
伝統あるルクセンブルグ国産陶器のお店で日本でもおなじみですよね。
ルクセンブルグにはビレロイ&ボッホのアウトレットもあるそうですが、それはまた
次回ゆっくり、ということで、店内へ。

P1040716terwerer.jpg

実は食器類等はベルギーのBOCHの品を、ブロカント巡りで少しずつ集めていましたり、
ポーランド食器を集めていますので、ビレロイ&ボッホはあまり関心がありませんでしたが、
店内でとっても可愛らしい品を発見☆ イースターシーズンということで、うさぎさんの品
が多かったのですが、羊さん&天道虫が葉の上で寛いでいる可愛らしい小さな器が☆
アクセサリーをちょっと入れておいたり、天然石を置くのにも良いですよね☆

P1040718lux.jpg

ルクセンブルグのお土産として、後程マリアの占い館FBページ恒例プレゼント企画にと、
思っております☆

P1460563terwere_edited-1new.jpg

日も暮れて雪が再び降り始めてきましたので、のんびりレストランでお食事というわけ
にも行かず、慌てて近くのマクドナルドへ入り、早々に食事を済ませると、ブリュッセルへ
戻りました。

マクドナルドで注文の際、店員さんは普通にフランス語を話していましたのに、席に着き
辺りを見ると、何が書かれているのか読めません・・・。 ドイツ語でしょうか?
不思議な感じがしました。

P1040749terwererwerererwer.jpg

フランス語は何処へ???

P1040748terwerrere.jpg

ルクセンブルグの言語はドイツ語と似たルクセンブルグ語が母国語とのことですが、殆どの
お店ではフランス語を話しています。フランス語、ドイツ語、ルクセンブルク語の3つが公用語
とされているそうですが、法令などの公文書には主にフランス語が使われ、家庭内、友人間、
地元に密着したお店ではルクセンブルク語(母語)が使われるとのこと。ベルギーも言語は複雑
ですが、ルクセンブルグも複雑なようです。

P1040734lux.jpg

師匠のお供で出かけましたルクセンブルグ、とても素敵で興味深い国でした。
次回は観光でゆっくりまわってみたいと思いました☆
この記事のURL | ルクセンブルグ | ▲ top
| メイン |