ケルンへ行ってきました☆ その2 ケルン大聖堂
- 2012/12/26(Wed) -
前回、ケルンのクリスマスマーケットの続きです☆ 

師匠の代理、大役を終えた後、クリスマスマーケットを回りぐっすり眠りました翌朝は、お部屋で
ゆっくり朝食をいただき、ケルン大聖堂へ向かいました。

ローマ時代からの古い歴史を誇る文化都市ケルンは、中世期にはヨーロッパで最大の、また最も
裕福な都市のひとつだったそう。それ故、ケルンの町の印象深いライン川のパノラマは、多くの
古い絵画やスケッチでも見る事ができるのですね。
そのライン川の向こう側に聳え立つケルン大聖堂は、物凄い迫力、スケールで目に飛び込んで
きます。今まで大聖堂を色々見て参りましたが、高さ157mの、世界最大の建築物といわれる
大聖堂の巨大さは想像を遥かに超えるもので、これ程ひと目見て吃驚した大聖堂はありません。
ご覧ください、この大きさ!

IMG_0048terwer.jpg

ケルンには貴重な文化遺産が溢れているそうですが、その代表格がこの町のシンボルで、世界遺産
でもありますケルン大聖堂です。

後ろから観るとこんな感じです。

IMG_0018terwer.jpg

横からはこんな風に。美しいゴシック様式で、1248年に着工、完成したのは1880年とのこと。

IMG_0023terew.jpg

幾つもある玄関の彫像達も素晴らしいです。

IMG_0057treree.jpg

IMG_0015terewe.jpg

IMG_0084terwere.jpg

ミラノのマリア像。↓最も美しいゴシック様式彫刻品のひとつだそうです。

IMG_0055terwer.jpg

ゲーロ十字架。↓ ゲーロ大司教が寄贈されたとのことですが、これ程大きなキリスト十字架像は
当時のヨーロッパにはなかったそう。その壮大さばかりではなく、当時においては驚くべきほど
現実主義のものだった、とのことです。 (頭は前に傾き、目は閉じたまま、筋、腱、骨がはっきり
と見えています)

IMG_0060terwer.jpg

↓エンゲルベルト1世大司教(1216~1225)の像、1665年のものとのこと。
小さな天使が大司教を助けるかのように横にいます。

IMG_0063terewer.jpg

↓装飾聖母マリア。18世紀のもので、聖母子は布に身を包んで多くの飾りを付けています。
ケルンでは愛を必要とする場合、或いは夫婦が子を願う場合、聖像に宝石や金を贈呈する事が
一般的だったそうで、現在もそのようです。

IMG_0032dsdse.jpg

様々な彫像の中でも個人的に一番、印象的だったのがこちらの↓、肩に幼児イエスを抱き杖で身を
支え河を渡る聖クリストフォロス。この聖人は旅人の守護人で、この聖人を昼に一度見る者は、
突然死から免れる
、といわれ、これを理由に教会の入り口や出口等でこの聖人の非常に大きな絵画や
彫像を見る事ができます。 これは貴重で有難い聖人、と思い、カメラを向けました。今の時代でも
過労による突然死、旅先での事故死等、ないとは言えませんし、可能ならば避けたいと思うのは時代が
変わっても同じですが、今の時代でしたらこの画像を携帯やPCに保存して見る事もできますものね。

IMG_0050dsds.jpg

素晴らしいのは聖像ばかりではなく、ステンドグラスも眩いばかりの美しさです。

こちらは1330年頃につくられたもので↓、聖三賢者が幼児イエスに祈りを捧げています。
そのうちのひとりは幼児イエスの上に輝く星を指しています。別の者は跪いています。

IMG_0090terew.jpg

↓こちらはバイエルンの窓と呼ばれる5つの窓のひとつで、個人的に一番素敵に思う窓でした。
下には4人の預言者、一番上の列にはマリアへの告知が見えます。強いアクセントと色彩豊かな
ステンドグラスの中の、マリアのブルーの衣装が一際美しく見える素晴らしい窓です。

IMG_0108terwer.jpg

IMG_0106terwrer_edited-2.jpg

P1010216terwer_edited-1.jpg

IMG_0075tertr_edited-2.jpg

IMG_0072terwere.jpg

↓こちらのステンドグラスは第二次世界大戦で破壊されてしまい、戦後、復旧不可能だったので
2002年になりはじめて、ケルンのアーティスト、ゲルハルト・リヒターにデザイン案を求め、
5年に渡り大聖堂の建築局と協力してステンドグラス実現に勤しんだとのことです。窓は2007年
8月に完成、リヒターは精密な色彩分析の結果72色の吹きガラスを採用したのだそう。それは
美しいステンドグラスです☆

IMG_0043terwe.jpg

聖堂内の床モザイクには旧大聖堂が描かれています。↓

P1010257terwere.jpg

IMG_0110terwer.jpg

IMG_0105rtreew.jpg

画像がいっぱいになりましたので、続きはまた後程☆

P1010205terwere.jpg
この記事のURL | ドイツ | ▲ top
| メイン |