スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ロンドンへ行ってきました☆ その2
- 2012/11/10(Sat) -
前回の続きです☆

ピカデリー・サーカスを抜けて、先ずはナショナルギャラリーの方へ向かいました。

IMG_0034terwe.jpg

P1070155terew.jpg

英国といえばパディンドンベア。 可愛い♪

P1070195pdd.jpg

歩み進んで行くと漸くナショナルギャラリーの巨大な玄関が見えてきました。(^^)

IMG_0041teerrr.jpg

IMG_0052tereww.jpg

お目当てはアートにお詳しい祐子さんがひと目惚れされたという、『岩窟の聖母』の天使さま☆
実は、『岩窟の聖母』はパリのルーブル美術館にもあるのです。
7月に、パリのルーブル美術館へ出かけました際、「機会がおありでしたらロンドンの
ナショナルギャラリー版の方も是非、ご覧になってください!この世のものとは思えない絶世の
美貌の天使様です☆」とのこと、是非是非、NGの天使様に会って来たいと思っておりました。
その念願が叶ってとても嬉しくて感動しました!
残念ながらギャラリー内は撮影禁止だったので画像は掲載できませんが、これ程立派な絵画とは
想像しておらず、同じ絵ではありますが、ルーブルの絵と全く違った印象で美しく、深みを感じ、
特に天使さんの麗しい姿にぼーっと見惚れてしまいました。
丁度、美大の学生さんたちが20人程絵の前に座り込み、先生の説明に従い、岩窟の聖母を
スケッチしていました。先生の御蔭で、岩窟の聖母がどれ程素晴らしいか、という事を詳しく
聞けましたのも嬉しかったです。

此方でパリのルーブルと、ロンドンのナショナルギャラリーの岩窟の聖母の絵を見る事が出来ます。

もうひとつ、祐子さんから教えていただきました、アーニョロ・ブロンツィーノの愛の寓意画
も素晴らしく美しくて、ただただ、溜息で立ち尽し、長い事見入ってしまいました。
その他、オランダでも観ましたゴッホの絵画もあり、美しい作品達を時を忘れて鑑賞、夢の
ような時間でした。

次に向かいましたのは、大英博物館。 お目当てはなんといってもエジプトの女神バステト様!

IMG_0063bgl.jpg

P1070249ter.jpg

大英博物館の中は撮影OKでしたので、ロゼッタ・ストーンを囲む人々を横切り、喜び勇んで
バステト様の所へ向かいましたが ・・・ バステト様がいないのです! 何処を探しても
いなくて、偶々傍にいました博物館の方に訊ねてみますと 「ああ、ちょっと前まではここに
あったんだけどね、今はパリへ出張中だと思うよ。」とのこと。  

・・・  

・・・ロンドン出張で寄ってみれば、バステト様はパリへ出張でしたか・・・。(涙)

バステト様御不在とのことで、一気にテンションが下がってしまいましたが、折角ですので
エジプトの象形文字の手掛かりとなった考古学史上最大の発見といわれるロゼッタ・ストーンを
観たり↓

P1070282terew.jpg

アッシリアの人面有翼獣@守護神マッソスを観たり↓(何故か足が5本)

P1070267terwer.jpg

この方↓も足が5本@くさび形文字が施されたアッシリアのライオン像。

P1070262terew.jpg

2000年以上も前につくられたというパルテノン神殿の彫刻を観たり↓

P1070308terew.jpg

月の女神セレネの戦車を引く馬の頭部↓

IMG_0087terew.jpg

その他美しい彫刻たちを眺めていると、あっという間に時が過ぎてしまいました。

IMG_0094tere.jpg

IMG_0092terew.jpg

外は真っ暗。 ほんのりと見えるロンドンアイと

P1070353tterer.jpg

ビッグ・ベンを後に、ブリュッセルへ帰る事に☆

P1070324terew.jpg

今回も慌ただしいロンドンでしたが、次回こそ、ゆっくり観光したいなぁ、と、思いました。

大英博物館ではバステト様ご不在で残念でしたが、博物館のショップにてバステト様グッズを
求めました。

中央の大きなバステト様は先日、ブロカントでご縁のありましたお方ですが、その両脇の、向かって
右側の黒い小さめのバステト様像御二方、そして向かって左側はバステト様ブックエンドです☆
一気にバステト様が増えてとても嬉しいです♪

P1400562btn.jpg

P1400579btns.jpg

そしてこんな↓可愛らしいティータオルも見つけました☆ (ティータオルだなんてイギリスならでは
ですね。(^^)) 女の子の白猫ちゃんは、大英博物館の傍に住んでいて、お友達を探しに歩いて
いる途中、博物館内に置かれた猫達を見て、「誰がこの猫さん達をガラスの箱に入れてしまった
のかしら?」と、呟いている様子が可愛らしくて。

P1400719catere.jpg

こちらの品は後程、お揃いのエコバックやポストカード等と一緒にFBページ恒例プレゼント企画にと
思っています。

P1400735terew.jpg
この記事のURL | 英国 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。