パリへドライブ☆ その4
- 2012/07/26(Thu) -
前回の続きです☆

多分、今回でパリへドライブ記事最後になると思います。^^ 長々お付き合い下さり
ありがとうございました☆

最後に向かいましたのは、前々から出かけたいと思っておりました、ルーヴル美術館。

芸術の都パリで必見の美術館といえば、ルーヴルとオルセーですが、先ずは矢張り、
世界最大級の芸術の殿堂、ルーヴルへ行きましょう、ということに☆

ルーヴルは物凄く広いので、収蔵品を全て観るには何日もかかるとのこと、時間もあまり
ありませんでしたので、予め鑑賞したい作品を決めて出かけました。

20120722_578lv.jpg

大きな建物が見えてきました☆

20120722_582vs.jpg

20120722_583tj.jpg

館内では美しい彫刻や天井画に迎えられ

20120722_617lv.jpg

20120722_613lv.jpg

先ずはミロのヴィーナスを鑑賞に。(19世紀、キクラデス諸島のミロス島で発見され、
紀元前100年頃の作品とのこと。)上体の傾きと布が落ちていく瞬間の脚を閉じる動作が
絶妙なバランス☆ また、顔の長さは鼻三つ分、というのが古代ギリシャの理想型とのことで、
あらためて自分の顔を鏡でチェックしてみたり。(笑)

20120722_1333lv.jpg

ミロのヴィーナスの次はサモトラケのニケを鑑賞に。エーゲ海のサモトラケ諸島で発見された
ヘレニズム彫刻の傑作☆ ニケはギリシア神話に登場する勝利の女神、海戦の勝利を祝って
神殿に飾られていたのではともいわれているようです。両脚の間にはためく布の表現が美しい。

20120722_659ve.jpg

次はレオナルド・ダ・ヴィンチの有名過ぎるモナリザを鑑賞に☆ 防弾ガラスで守られて
いましたので撮影し難かったですが、精巧な油絵技術が素晴らしかったです。 風景が後ろに
広がっているのは当時の肖像画の特徴なのですね。髪を覆う薄いヴェールの存在は実物を
見てあらためて素晴らしいと思いました。フランス語でモナリザは、ラ・ジョコンドゥ
(la Joconde)と呼ばれますが(フィレンツェのジョコンドゥの妻、リザ・ジョコンドゥ説
で定着しているのですね)、最近、モナリザの遺体が発見されたとのこと、遺伝子鑑定を
されるそうですが如何なのでしょうね。。。 

20120722_1395mm.jpg

と、その他のダ・ヴィンチの絵画を鑑賞していましたら、見覚えのある絵画が。。。

それは、敬愛する友人、祐子さんが絶賛される↓「岩窟の聖母」の絵画でした☆
天使にとてもお詳しい祐子さん(いつも色々学ばせていただいています)、こちらの絵画の
天使がとてもお好きで、「機会がおありでしたらロンドンのナショナルギャラリー版の
方も是非、ご覧になってください!この世のものとは思えない絶世の美貌の天使様です☆」
とのこと、是非是非、NGの天使様に会って来たいと思いました。

20120722_1378lv.jpg

その他、ダ・ヴィンチの絵画で印象的だったのは↓「聖アンナと聖母子」でした。

聖母マリアが幼子イエスと自分の母である聖アンナの膝に座っていて、母親らしい
姿でイエスを支えようとしています。 幼子イエスは十字架に自ら犠牲となる
象徴の子羊に跨っていて、とても深い物語を見せてくださっているように感じました。

20120722_1400lv.jpg

最後に惹かれましたのがアントニオ・カノーヴァの、エロスの接吻で目覚めるプシュケ。
美しさに嫉妬したアフロディーテによって眠らされたプシュケは、愛の神キューピッドに
よって再び命を吹き返しました。その魔法のような瞬間が彫刻家により見事に表現されて
います。

20120722_1414lv.jpg

これだけ鑑賞するにもあっという間に時間が経ってしまい、他にも鑑賞したい作品は
ありましたが、また次回、ということで、ブリュッセルへ帰る事に。

20120722_713lv.jpg

20120722_812bx.jpg

とても中身の濃い2日間でした☆

20120722_814bd.jpg

ヴェルサイユ宮殿内で求めました、こちらの↓マリー・アントワネットが愛した薔薇の香りの
赤いハート型プチ石鹸(缶も可愛らしい)、栞、そして煌びやかな鏡の回廊ポストカードを後程
マリアの占い館@FBページにて、プレゼント企画を開催したく思います。
抽選で1名様にプレゼントさせていただく予定でいます☆

20120724_265vs_edited-1.jpg

只今準備中ですので暫くお待ち下さいませね。開催の際にはお気軽にご応募お待ちしています☆
この記事のURL | フランス | ▲ top
| メイン |