パリへドライブ☆ その1
- 2012/07/23(Mon) -
先週の木曜日、金曜日は夫がやっと、休みを取る事ができましたので、私も修行を
休み、いつか是非、と、思っていましたパリへ急遽、出かける事となりました。^^
ブリュッセルからパリへは列車で1時間半なのすが、今回は欲張ってあちこち回りたかった
ので、車で出かけました。 車でも3時間くらいでパリに着きますので、パリへドライブ、
という事に決定☆

この道をずっと辿るとパリへ到着なのねぇ、と、夫との会話も弾みます♪

20120722_16tj.jpg

不安定なお天気で、今にも雨が降りそうでしたので心配しましたが、幸い、外を
歩いている際に大雨にはならず、良かったです。

道中、車から眺める景色がとても長閑で素敵でした。^^

20120722_5fr.jpg

パリへ出かけました一番の目的はある博物館を見学したかったからでした。
目的の博物館は、パリ近郊の町、ジュイ=アン=ジョザス(Jouy-en-Josas)にあります。
御裁縫や布類がお好きな方はピン!と来られた方がいらっしゃると思いますが、
マリー・アントワネットやナポレオンも好んで訪れたという老舗、トワル・ド・ジュイ
(toile de Jouy)の博物館でした☆

実は私、手先が不器用@両手が前足なファブリックコレクターなのです。(笑) 
可愛い布切れがあると 「何かに使えそう!」 なんて、己の力量も弁えず手が
伸びてしまう、これはもう、一種の病気です。美しい布を集めて幸せ気分に浸り、
クッションカバーやキルト、マイ箸袋等もいつかこちらに掲載しました事がありましたが、
ベルギーへ越してきましてからトワル・ド・ジュイを知ってからはその美しさに
心を奪われてしまいました。

フランスは隣国で近いので、ベルギーの布屋さんにも置いていますし、長いお付き合いの
手作り雑貨ショップのIさんに持ち込みで御依頼しますと、バッグ等に素敵に変身させて
下さいますので嬉しくて☆ 

先ずは私のトワル・ド・ジュイコレクション、掲載致しますね☆
↓こちらはIさんに素敵な天使柄のトワル・ド・ジュイで作っていただいたバッグです。

20120713_61tj_edited-2.jpg

大きさも丁度良く、使うのが勿体ないですが、大活躍です。^^

20120713_86em.jpg

パスポートケース&通帳ケースもIさんに作って頂きました☆

20120415_177ter.jpg

中の天使さんの布もトワル・ド・ジュイ。

20120415_179ter.jpg

20120415_182ter.jpg

20120415_185ter.jpg

実は大好きなIさんの手作りコレクションは沢山ありますので、いつか機会を見て
UP致しますね☆ 

↓ベルギーで求めましたトワル・ド・ジュイの布たちです☆ 田園風景が多く、こちらも
とても素敵です。^^

20120624_106tj.jpg

20120624_33tj.jpg

20120624_109tj.jpg

20120629_53ter.jpg

20120624_119tj.jpg

↓こちらの美しい赤い布はハギレで無造作に置かれていましたものでしたが、
私にとっては運命的な掘り出し物でした☆

20120629_14tj_edited-1.jpg

20120629_9tj_edited-1.jpg

さて、そんな憧れのトワル・ド・ジュイ博物館の標識が見えて来ました☆

20120722_903tj.jpg

パリから車で30分程の所にありまして、ヴェルサイユ宮殿からも近いのですが、
とても長閑でゆったりとした空気の流れる町でした。

20120722_914tj.jpg

こちらがトワル・ド・ジュイ博物館です☆ やっと到着♪

20120722_902tj.jpg

館内は撮影禁止でしたが、トワルドジュイが作られる工程や歴史について詳細に展示され、
とても興味深くじっくり見学して参りました。
館内の方達は英語があまり通じなかったので、ある程度、フランス語が話せるようになってから
出かけられましたのは良かったです♪ 矢張り、下手でも一生懸命現地の言葉で話すと現地の
方も喜んで下さるものですね。^^  この2年、頑なにフランス語を拒否し続け未だBonjour止まり
の夫の通訳をする事にもなりました。(笑)

トワル・ド・ジュイで装飾された館内サロンは撮影OKとのことでした☆ 装飾全てが
美しいトワル・ド・ジュイで、夢のようなひとときでした。

20120722_53tj.jpg

20120722_55tj.jpg

サロンでお茶の後、トワル・ド・ジュイの小物を扱うブティックに入りましたら、なんと! 
帰国までに揃えたいなぁと思っていました、フランス製食器Gienが、ベルギーで以前、
求めましたハギレの真っ赤な生地の柄と同じ柄の食器が置いてあったのです!
真っ赤な生地は凄い掘り出し物でした♪ (HP日記の部屋で先日お話し致しました、
ラッキーパンプスの御蔭でしょうか☆)

20120722_57tj.jpg

布とお揃いのティーカップやお皿等をショップで求め、大喜びで博物館を後にしました☆

次に向かいましたのは、トワル・ド・ジュイをたいそう好まれたという、
マリー・アントワネットが王妃として生きたヴェルサイユ宮殿へ。

・・・画像が沢山になりましたので、続きはまた、後程☆☆☆
この記事のURL | フランス | ▲ top
| メイン |