ベルギー・トングレン (Tongeren)のブロカント
- 2012/06/15(Fri) -
10日の日曜日は天気予報では雨の筈がとっても良いお天気に恵まれましたので、
午前中、車で約1時間程のところにありますトングレン(Tongeren)のブロカントへ
出かけて参りました。

20120611_100tg.jpg

ベネルクス3国で最大級のブロカントが毎週日曜日早朝~午後1時頃迄開かれます。
(凡そ350軒程のお店が並ぶそう。ぐるっと周るだけでもすぐに時間が経ってしまいます。)

20120611_101tg.jpg

所狭しと陳列された商品の数々は、絵画や食器、古本、アクセサリー、大きな家具まで様々です。
中には 「これって何に使うのかしら?」と思うような用途不明の品々も。 でも、それらを喜んで
求めている方も多いので、趣味も人それぞれですよね。^^

20120611_107tg.jpg

20120611_106tg.jpg

20120611_119tg.jpg

20120611_121tg.jpg

雨天でも大丈夫な広い屋内会場が二つあります。

20120611_198tg.jpg

20120611_138tg.jpg

20120611_13tg6.jpg

20120611_133tg.jpg

こうして見て歩いているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。

20120611_126tg.jpg

20120611_137tg.jpg

素敵な品々に心を奪われながら、この度、縁あって求めましたのは、↓オランダのデルフト陶器でした。
パトラッシュを思い出すような、こちらの荷車犬のデルフト陶器は3ユーロ。(ベルギー、フランス、
イギリス、オランダ等の大型犬は嘗て、荷車を引く仕事をしていたのですよね。) 靴やベルは全部で
3ユーロでしたので、合計6ユーロ。

20120611_285tg_edited-1.jpg

こちらの↓可愛いお皿にもひと目惚れ☆ 5枚で3ユーロでした。^^ 壁掛けにすると可愛いかなぁ☆

20120611_334tg.jpg

デルフトブルーに魅せられてしまい、その後、出逢いましたベルギーBOCHのcopenhagueのお皿↓も、
これも何かのご縁とばかりに求めました。^^ デュルビュイで求めました品同様、1900年代初頭の
お皿とのことです。

20120611_408tg_edited-1.jpg

もうひとつ、ふっくらとした布絵@可愛らしい少女とワンちゃんの、掌サイズの額も☆ 犬猫に弱いんです。^^

20120611_272tg_edited-1.jpg

トングレンからの帰り道は、とてものどか~で空が大きく、お天気が良かったので最高に気持ちの良い
ドライブとなりました。^^

20120611_150tg_edited-1.jpg

20120611_161tg.jpg
この記事のURL | ベルギー生活 | ▲ top
| メイン |