ゲントへドライブ☆再び その1
- 2012/06/05(Tue) -
去年11月の寒い休日、家から車で約40分程のところにありますゲントへドライブしましたが、
とても寒かったことと、休日で殆どのお店がお休みだったので、また、暖かくなったら出かけたいね、
という話をしておりました。

そして先日、5月26日土曜日は、暑いくらいの好天に恵まれましたので(本日はまた冷え込み、
6月だというのに5℃という寒い気温。。。 ここのところ寒暖の差が激しいです)、久しぶりゲントへ
出かけよう、という話しになりました。^^

車を駐車し、歩いて直ぐの所にベルフォート(鐘楼)が見えてきました。

20120527_186gt.jpg

ゲントの自治権の象徴として、14世紀にギルドによって建てられたそう。
6階建てで高さは90メートル。塔の上には金箔をほどこしたゲントを守護する竜の像が
風見となって泳いでいました。 

20120527_183gt.jpg

その真向かいにはカール五世が洗礼を受けたというゲント最古の教会、聖バーフ大聖堂が。 
後期ロマネスクから後期ゴシックまでの様式が見られます。

20120527_205gt.jpg

こちらの大聖堂内は撮影禁止なのですが、聖堂内はとっても美しい気品を漂わせ、聖像や絵画は
素晴らしい美術、中央祭壇も18世紀のもので、説教壇も木造で素晴らしいロココ様式、ベネルクス
最大のオルガンなど、撮影禁止の為皆様にその見事な様子をご覧頂けないのが残念です。

絵画の中でも最も有名な、門外不出の祭壇画 「神秘の仔羊の礼拝」は、特別な礼拝堂に置かれ、
多くの方達が鑑賞しています。ヤン・ファン・アイク作の絵画ですが、輝く仔羊を礼拝している様子が
描かれていまして、その綿密描写@気が遠くなるような繊細さに驚かされます。

絵画は扉を含め26枚あり、そのうち1枚は1934年に盗難に遭ったそうです。

前回訪れました際は休日だった為、教会ショップもお休みでしたので、「神秘の仔羊の礼拝」の
ポストカード等求める事ができませんでしたが、今回はショップが開いていましたので、とても嬉しかった
です☆ 「神秘の仔羊の礼拝」のカードです。↓ 本物は撮影できませんでしたので、雰囲気だけでも。

20120528_5ter.jpg

↑盗難に遭ったのは向かって一番左下のパネルで、現在は複製のものだそうです。

上の画像の絵画を閉じるとこんな感じになります。↓

20120528_44ter_edited-1.jpg

美しい絵画を堪能しました後、レイエ川へ向かいます。

20120527_230gt.jpg

途中、サン・ニコラ教会が見えてきました。↓ まだベルフォートが建てられなかった時代のもので、
11世紀のロマネスク教会が13~15世紀にかけて建て替えられたそうです。
フランス革命の間は馬小屋として使用されていたとか。

20120527_213gt.jpg

正面から見ると↓こんな感じの教会です。

20120527_240gt.jpg

残念ながら閉まっておりましたので、教会を後にし

20120527_43gt.jpg

川へ向かう途中、↓マクドナルド発見。 ベルギーらしいお洒落なマクドナルドですね。^^

20120527_40ter.jpg

少し歩くとレイエ川沿いに建ち並ぶベルギーならではな建物が見えてきます☆

20120527_57gt.jpg

ゲントは中世の昔から、このレイエ川の恩恵を受けて発展した町とのこと。川岸には交易都市として
栄えた時代を反映した中世の壮麗な建造物が建ち並び、この日は好天に恵まれ観光日和でしたので、
船に揺られる観光客でいっぱいでした。

20120527_281gt.jpg

美しい街並みです☆

20120527_295gt.jpg

20120527_60gt.jpg

画像が沢山になってしまいましたので、続きはまた後程UP致しますね☆

20120527_231gt.jpg
この記事のURL | ベルギー生活 | ▲ top
| メイン |