世界一小さな町@デュルビュイへドライブ その2
- 2012/05/31(Thu) -
前回の続きです。^^

20120529_176db.jpg

20120529_181db.jpg

小さな町には車が走れる道路が一本、それ以外には小さい路地が3本程り、あっという間に
隅から隅まで行けてしまうのですが、可愛らしいお店が沢山並んでいますので、お散歩を
ゆっくり楽しめます☆ 

20120529_7db.jpg

20120529_169db.jpg

20120529_173db.jpg

20120529_184db.jpg

20120529_230db.jpg

20120529_235db.jpg

町歩きの目印となる聖ニコラ教会↓は、1632年に建てられ、後にリエージュの清修道派修道士に
よって増築されたそう。 中世の教会らしい落ち着きを醸し出しています。

20120529_16db.jpg

20120529_189db.jpg

20120529_226db.jpg

そんな中、とっても素敵なアンティーク陶器や雑貨のお店を発見☆

20120529_165db.jpg

お店の御主人のセンス溢れる可愛らしい店内

20120529_158db.jpg

20120529_156db.jpg

中でもひと目惚れしてしまいましたのがこちら↓、創業1840年、ベルギー陶磁器メーカー随一の
老舗ブランド@王室御用達で人気の高いBOCHの可愛らしい食器。 

20120529_136db_edited-2.jpg
 
BOCHはROYAL BOCHの前身で、日本ではアンティーク扱いで高価なようですが、こちらベルギー
ではブロカントでよく見かけます。(お皿が一枚1ユーロですとか、ビックリするような価格で) 
ですが中々、ピンとくる品とご縁がなく2年経ち、この度の突然のご縁にとっても嬉しく大喜び♪ 
2年待った甲斐がありました。 
お店の御主人に訊ねますと、刻印から1900年代初頭に作られたものとのこと。100年くらい
経っていますのにとても綺麗です。 
製造年代によって異なる雰囲気を楽しませてくれるのも大きな魅力の一つなのですよね。
(そういえば、こちらに越して来てから我が家ではカフェオレ・ボウルをお茶碗代わりに使用しています。)

20120529_232db.jpg

大自然に囲まれた絵本のような素敵な町の散策を堪能&最後には思わぬ掘り出し物とのご縁に心躍り、
御蔭様でとっても楽しいひと時を過ごせました。 また是非訪れたい町です☆ 

20120529_190db.jpg
この記事のURL | ベルギー生活 | ▲ top
| メイン |