サン・ミッシェル大聖堂 その2
- 2010/07/05(Mon) -
その1に引き続きサン・ミッシェル大聖堂にて撮影して参りました画像を掲載致しますね☆

その1ではステンドグラスをメインで掲載致しましたが、その他にも素晴らしい絵画や像等が並び、
その美しさに時を忘れて見入ってしまいます。

125stm45.jpg

132stm5678.jpg

147stme456.jpg

170stm5643.jpg

165stm5643.jpg

そして奥の方には闘う大天使ミカエル像が☆

150stm5645.jpg

smc345_edited-1.jpeg

こちらにも

145stm56543_edited-1.jpg

142stm567_edited-1.jpg

そんな大天使ミカエルさまに見惚れておりましたら、突然、心にズーンと響く物凄い迫力のパイプ
オルガンの音色が大聖堂内に響き渡り始めたのでした。 びっくりして音のする方を見上げますと、
そこには大きな大きな、これ以上大きなパイプオルガンなどあるのかしらと思う程立派な
パイプオルガンが。 幸運な事に偶々演奏者が演奏台に座り、オルガンを弾き始めたのでした。

191stm543.jpg

石造りの大聖堂に広い礼拝堂、巨大なパイプオルガンの音色・・・
生演奏の壮大な響きは本当に見事な程美しく、そして温かく、何故か自然に涙が・・・・。 

ステンドグラスや大天使ミカエルの像、何よりパイプオルガンの音色にうっとりしつつ、教会ショップ
にて記念に大天使ミカエルさまグッズを求めました。
ショップのお爺さまがまた、とても気さくでのんびり優しく、楽しい人で、私の辞書を引きつつ
身振り手振りの拙いフランス語に嬉しそうに耳を傾け、お爺さまもゆっくりわかりやすいように
フランス語を話してくださいました。
話しているうちにそのお爺さまが大の日本贔屓とのことを知り、私たちの訪問にとてもニコニコ嬉し
そうで、つい長話をしてしまいました。何故そんなに日本が?と、尋ねましたら
「実は、娘が日本の大学に留学してね、そこで知り合った男性と結婚して、日本に住んでいるんですよ。
2回程、孫が生まれた時に日本に行ったけど、孫は全然、フランス語が話せなくてね、私のことを
「オジイチャン、オジイチャン!」と、呼ぶんですよ。それだけは理解できましたがね・・・
また会いたいなぁ・・・」
というようなことを(多分)、話していました。凄く不思議なご縁を感じました。
是非また来ますね、ムッシュゥ、その時までフランス語も頑張りますね。(笑)と言いますと
喜んで頷き手を振って見送ってくださいました☆

ショップにて求めましたミカエルさまグッズです☆ こちら↓は高さ20cmくらいの闘うミカエル像。

213stm1_edited-1.jpg

そして、ピルケースやポストカード、メダイ等です☆

235smcw.jpg
この記事のURL | ベルギー生活 | ▲ top
| メイン |