"Os Trapalhoes" na Globo
- 2010/03/12(Fri) -
OsTrapalh1.jpg

ブラジル人でこの4人組のお顔を知らない人はいないくらい、超有名なコメディアンたち、
Os Trapalhoesは、日本でいうところのドリフターズでしょうか、なんと30年もの間番組が
続いた程超人気者達でした。つい2年ほど前、番組は愛しまれつつ最終回となり幕を閉じましたが、
お笑いが大好きな私はブラジルに住んでいました当時毎週欠かさず楽しみにみていました。
彼らから学んだポルトガル語は本当に多かったですし、半年、一年と見ているうちに少しずつ
理解ができるようになり、笑えた時の喜びも大きかったです☆

↓番組のオープニングテーマがまた、懐かしくて懐かしくて・・・Youtubeに載せて下さった方に
感謝感謝です!(嬉涙)



リアルタイムで見ていまして↓今でも覚えていますので凄く懐かしくて。



乱暴者が店内にいきなり押し入り、次々お客や店員を脅し投げ飛ばし暴力をふるいながら、奥の
テーブルで無反応に俯く男性のもとへ行くと、発砲して威嚇し、その男のお酒を奪い飲み干し、

「で?これでも黙ったままか?!」 と、俯く男に尋ねると、俯いていた男は乱暴者を見上げ、やっと
口を開きます。

「こんな不幸なことってあるだろうか? 仕事を失い、女も失い、もう死ぬしかないと思って
飲もうとしていた毒までも今アンタに飲まれ失ってしまった。」

というオチなのです。 簡単に拳銃が出てくるところもブラジルらしいですね。


今、ブラジル人の友人に御願いして彼らのDVDを探して貰っています。^^ 

ポルトガル語の勉強にもなりますし。

その前にこれから必要なフランス語だったわ。^^;

そのまた前に英語も頑張らないと・・・語学って使わないと呆れる程すっかり忘れてしまうものですね。(滝汗

ちなみにベルギーへ提出する健康診断書はオランダ語に訳さなければならないのですって。^^;;;
この記事のURL | ブラジル生活 | ▲ top
| メイン |