saudade
- 2008/08/02(Sat) -
先日、行きつけのお店のマスターと、何気に好みのお酒や料理について話してみてビックリ。

マスターが大のブラジル贔屓ということを知り、また、私がブラジルに住んでいたということをマスター
も知って、お互いとても驚き、嬉しくなりポルトガル語を交え大興奮で、普段無口なマスターも
珍しく饒舌になり、話は尽きることがありませんでした。

「今度店に来る日は前もって連絡して。そしたらブラジル料理作って待ってるから。」

と言われたのですが、いくら話が盛り上がったからといって、メニューにないお料理を特別に
作ってくださるだなんて、いくらなんでもそれは社交辞令だろうと思っていました。


それから暫くして、夫がそのお店へランチに出かけました際、マスターから声をかけられ、
ブラジル料理作っておくから遠慮しないで奥さんに来るよう言ってよ、と、言われたそうで、
お言葉に甘え、夫とお店へ出かけることに。


お店に入り席に着きましても、目で挨拶するだけで、マスターはいつもの如く、寡黙に料理の手を
休めることはありません。

そんな中、マスターはオーブンから焼けた何かを取り出し、にっこり笑って私に見せました。

焼きたての良い匂い漂うそれは、なんと!ブラジルで大変ポピュラー@大好物の
Pao de Queijo(チーズパン)! ブラジルでは欠かす事のできないパンの1つです。

2008-6-19 001

アツアツモチモチ懐かしくて涙が出るほど美味しくて・・・(嬉涙

2008-6-19 003

遠い遠い大昔の記憶が蘇ります・・・


ホッペが落ちる程美味しいpao de queijo を頬張りながら、嬉しさのあまりニコニコワインを
飲んでいましたら、なんとなんと!!! これまた懐かしい・・・ molho de pimentaが!!!

たまねぎのみじん切りとヴィネガー、ガーリック、そして唐辛子でできていて、お肉やお魚に
とっても合う、これまたブラジル料理には欠かせないソース

2008-6-19 006

などと夫に説明していましたら、マスターは無言でmolho de pimentaを添えたお肉を!

2008-6-19 007

・・・ううううう・・・ 懐かし過ぎる ・・・ (泣



そんな中、何と言ってもあまりにも胸がいっぱいになり言葉を失いました一品が↓こちら。

Sopa de Legumes・・・・。 

2008-6-19 004

    


こちらのスープには、本当に色々な思い出がありまして・・・   口に運ぶ度、沢山の思い出が
堰を切ったように心にドドド~~っと押し寄せて・・・ あまりにも懐かしすぎて、私は暫くスープを
前に黙り込んでしまいました。


夫はそんな私に少々困惑気味でしたが、マスターは淡々と、寡黙に仕事をしています。


感極まってしまい、美味しいですとか懐かしいですとか、そんな在り来りな言葉が褪せる程
強烈な何ともたとえようのない気持ちに襲われ、味覚を頼りに心はずっと昔、マンゴー並木を
歩いていた十代の頃に戻っていました。  

その気持ちをひとことで表すなら 「saudade」 な感じ・・・。


気づけばお店の音楽が、ジャズからボッサノーヴァに代わっていました。


マスターのさりげない配慮でした☆



胸がいっぱいのまま、その思いを最後まで上手に表現できず、「とても懐かしく、美味しかったです。
メニューにないものを特別に作ってくださって、ありがとうございました。」 と、涙ぐみながら
マスターに頭を下げお店を出ようとしましたら、


「これ。 プレゼント。^^」


と、マスターから手渡されましたのは、pao de queijo と、 molho de pimenta☆


「また今度、違うの作って待ってるから、店に来る前に連絡して。 次はファリーニャ用意
しておくから。 カシャッサもあればいいね。」


そうにこやかに言いながら、マスターはカウンターへ戻って行きました。


こちらがマスターからの貴重な懐かしのプレゼント☆

2008-6-19 023

今夜は興奮のあまり、眠れないかもしれません・・・。 心は完全にブラジルへトリップしてます。


マスター、心より感謝です☆
この記事のURL | happy♪ | ▲ top
| メイン |