ひむかのくろうま & くろ
- 2008/07/25(Fri) -
2008-6-19 018

九州の友人からの頂き物☆ワンカップ焼酎、ひとつは神楽酒造麦焼酎ひむかのくろうま、
もうひとつは小正醸造芋焼酎@小鶴くろ。

小鶴くろの方は、美味しいのですが何か、焼酎なのに効きがスローな感じがと思いましたら
アルコール度数が16%と、かなり低めということで納得。^^ なのでストレート感覚@そのまま
飲んでOKなワンカップなのですね。

神楽酒造の焼酎といえば以前、風白馬という米焼酎を飲んだことがありましたが、こちらの
くろうまもまた、麦風味ならではの芳ばしい匂いが素敵。^^

焼酎の嬉しいところは、色々な飲み方ができるというところ。

ストレートは勿論、ロック、水割り、お湯割り、燗、お茶やカボス、グレープフルーツで割ったり、
梅割りも美味しいですねぇ。

そうそう、中でもマリア的イチオシが 「そば湯割り」。 そば焼酎をそば湯で割るのですが、
これがまた格別なんだよなぁ。  うああああ、思い出したら呑みたくなってきた。

気取った高級レストランでワインより、おそば屋さんでそば湯割りのが嬉しいかも。^^

おそばって、日本酒にも合っちゃったりするし、今の季節ならざるそばに冷酒よねぇ。

・・・って、キリがないのでこの辺で。(笑
この記事のURL | 嘗て愛したお酒たち | ▲ top
| メイン |