天水訟 三爻
- 2007/09/03(Mon) -
006.jpg 食旧徳。貞厲終吉。或従王事无成。 
平凡が一番良い時。分限を守り静観を
維持することが無難。目上からの命を
受けことに当たることがあっても
誇ったり自慢したりなどという偉そうな態度を
とってはNG。 などなど。


☆キーワード

自我を主張すれば疎外される、従来どおりの分限
守れば安全平穏、他の言動に唆されぬよう  など


☆ひとり反省会(就寝前予定)
この記事のURL | 日筮 | TB(0) | ▲ top
雷天大壮 三爻
- 2007/09/02(Sun) -
034.jpg小人用壯。君子用罔。貞厲。羝羊觸藩贏其角。 
小人は力で無理に押し通しますが、君子は無理をしない。 
カードをご覧頂いてもおわかり頂けるように、この卦は
 若いおひつじが勢いよく頭から生け垣に突っ込んでいき、
その角を引っ掛けてしまっている様子を表します。
そうですねぇ、かっこよく君子としてキメたいですが、
きっと小人の如く焦って突っ走ってどっかにぶつかって
アイタタタ~~・・・って結末が目に浮かぶわ。(涙)
気をつけなければ。


☆キーワード

妄進し失敗、進まず現状静守、先見の明を欠いて失敗、自由奔放に流れて
道を誤る など


☆ひとり反省会

はい、無理はしませんでした。^^  お酒も程々に(とはいえ、アタシの程々は
ウイスキーボトル三分の一ですが) 特に外出もせず、家のお掃除や
片付けをしたり、お勉強をしたりと、何事もヒートアップしないよう気をつけました。
昨日のような事故は招きたくないですし・・・(汗) 羮に懲りて膾を吹いちゃってます。
それがね、冷やし中華を頂いたのですが、うっかりフーフーしちゃったんですね。(恥)
何かと用心し過ぎな一日でした。 何事もやり過ぎはNGですね。^^;



この記事のURL | 日筮 | TB(0) | ▲ top
離爲火 四爻
- 2007/09/01(Sat) -
030.jpg突如其來如。焚如。死如。棄如。 
いやだなぁ・・・(涙) 離為火もよく出る卦ですが、
私にとっては夫との諍い、トラブルがある時出易い卦なのよね。
しかも四爻ですから、突如やってくる危機!(恐!)
 焼かれ、殺され、捨てられるような恐ろしいことですって
どんだけ危険なんだよ?!思わぬ災難を被る時・・・
用心しなきゃ・・・ですね。 特に夫とのトラブルなど・・・^^;;;
自重します。(滝汗)


☆キーワード

運気甚だしく凶、死傷事件に注意、妨害事故に進退窮まる など・・・ トホホ・・・


☆ひとり反省会

 本日は日筮通りで、突如事件が起きてしまいました。

焼かれて殺されて放り投げられるだなんて、夫婦喧嘩の末殺し合い?!
どっちが放り投げられるんだ?! なんて、日筮を得てからは震えていました。^^;;;
できるだけ夫に近寄らない方が良いのかしらなどと、夫の前では妙に言葉数が
少ない不自然なアタシ。(滝汗)  兎に角、慎重にを心がけていました。

・・・さて・・・そんな中・・・

娘と二人で眼科へ検診に出かけようとしていましたら、

「車で送ってあげるよ。^^」  と、夫。

「・・・え?!  あ、いや、だって、眼科は歩いて10分くらいのところだし、
お散歩がてらでかけるわよ。^^;;;」

と、遠慮する私に

「いつもなら遠慮なく『送ってって~♪』って来るのに、今日は何か変だな?
どうしたの? あ、俺に送ってほしくないんだ?! 丁度車のガソリンも
入れたかったし、DVDも返したいから一緒に出ようと思ったのにさ。」

と、夫。 

マズイ・・・ ここで夫の機嫌を損ねてしまっては・・・ と、思った私は慌てて

「そ、そんなことないわよ!送ってもらえるなら嬉しいし、ねえ?!(と、何故か
娘に無理矢理同意を求めつつ)、乗せてもらえる?」

・・・というわけで、娘と私は夫の運転する車に。 

助手席に腰掛けると、何となく緊張するアタシ。^^;

車は走り出し、それでも何気ない夫婦の会話は順調そのもの。

な~んだ、生きるか死ぬかのおっかない喧嘩に発展するようなことなんてないじゃん。^^
こうやってちゃんと、用心していれば大丈夫なのね。などと、心の中で ホッとして
いたのですが・・・

赤信号が青になり、夫の車は走り出し、何気に右を見ると、なんと!
交差点右側から軽自動車が猛スピードでこちらに向かってくるではありませんか! 

「危ない!!!」

という私の声に夫は驚き急ブレーキを。軽自動車もこちらの車にハッと気づき、
慌ててブレーキをかけました。

結局ぶつかってしまいましたが、お互いが早くに気づいてブレーキを
かけたことで、車の前面が潰れた以外は、お互い奇跡的に怪我もなく、また、
他の車も 巻き込むことなく、とりあえずはホッとしました。 

日筮通り、 突如はありましたが、幸い焚如。死如。棄如。までは至らず、何よりでした。 
用心の為、お守り一式をドッサリ持って出かけたからでしょうか。(この件に関しましては
ちょっとした不思議体験がありましたので、後ほど不思議体験の部屋でゆっくりお話
させて頂きます)
お互いブレーキをかけるのが少し遅ければ、どうなっていたかと思うとぞっとします。
それこそ、焼かれ、放り出され、死んでいたかも・・・(恐!)
しみじみアタシは悪運が強いと思いました。 
この記事のURL | 日筮 | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ