ガブリエル・バンサンの絵本☆ その2
- 2011/12/20(Tue) -
3年程前、同じタイトルで記事を書かせていただきましたが、ガブリエル・バンサンの絵本、特に
セレスティーヌとアーネストシリーズは、星の王子さまと同じくらい大のお気に入りです☆

此方に越して来まして間もない頃、ふらり本屋さんに入りましたら、私が持っていますガブリエル・
バンサンの絵本のフランス語のものが沢山並んでいますのを見つけ、嬉しくなり絵本を開きますと、
同じく嬉しそうに手に取る女性が 「彼女はブリュッセル出身ですものね。^^」 と、誇らしげに仰った
ひとことにビックリし、調べてみましたらガブリエル・バンサンはベルギーのブリュッセル生まれなのですね!
ガブリエル・バンサンの絵本の大ファンで、もう20年以上読み続けているといいますのに、
そんな肝心な事も知らずに読んでいました事、恥ずかしくなりました。 しかも彼女が生まれ育った地に
私も今住んでいる事の奇跡にとても嬉しくなり、彼女の言葉で描かれたフランス語の絵本をこの1年半で
少しずつ買い揃えました。^^ 
嬉しい事に、絵本のフランス語はなんとか全て辞書なしで読めてしまえるくらいいつの間にかフランス語が
少しずつ上達している事に喜びながら(星の王子さまをスラスラ読むにはもう少し時間が必要かも。。。)、
矢張り日本語訳より原語で読む方が、ガブリエル・バンサンの気持ちにより近づけるよう感じますし、また、
ベルギー人ならではの大らかで温かな気質をより感じられ、あらためて感動しています☆
まさか、大好きな絵本の作者がベルギーのブリュッセル生まれで、原語の絵本を現地にて読めるとは、
20年前には想像もつかないことでした。

何気なく読んでいました絵本も、じっくり見直してみますと、ブリュッセルの日常的なこういう風景、
よく見かけるわぁと確認しましたり、ホットチョコレートやワッフルが出てきたり、お金を稼ぐ為に
ヴァイオリンを弾いたり等、石畳や煉瓦の建物の様子もベルギーならでは、と、まるで子供が初めて
絵本を手にしワクワクするように、拙い読み方でベルギーならではなフランス語を楽しんでいます。^^

20111001_7es_edited-2.jpg

20111001_17es_edited-2.jpg

20111001_22es_edited-2.jpg

大好きな「ふたりでしゃしんを」

20111124_16cter_edited-1.jpg

今の季節に何度も読みたくなるクリスマスシリーズ☆

20111124_14ence_edited-1.jpg

クマのアーネストがクリスマスパーティーの途中でサンタさんにこっそり変身し、子供たちへサプライズ
するシーンがあるのですが、セレスティーヌはサンタさんがアーネストということに気づかず、サンタさんが
来た事をすぐにアーネストに知らせたく、急いでアーネストを探します。 でも、何処にも居なくて、
一面雪の外へ探しに行くのですが、日本語訳は「どこへいったのかしら、アーネストは?」ですが、
フランス語では 「アーネスト、あなたはどこにいるの?」 とアーネストを探す必死さが伝わり、
日本語訳では「アーネストが いなくなっちゃった!」となっていますが、フランス語では
「私のアーネストを失ってしまったわ!」 と、泣いて家に戻って来るセレスティーヌの言葉に、
よりアーネストへの愛情、大切さが伝わります。 
家に入り、アーネストがサンタさんという事を伝える場面がありますが、そこにも日本語訳にはない
「ほら、セレスティーヌ、彼はあなたのアーネストよ!」 と、子供たちがセレスティーヌに教える言葉が
フランス語らしい表現で素敵です。 先日、ベルギー人の友人宅でのクリスマスパーティーに呼ばれたの
ですが、少し遅れて到着しましたら、「ほら、やっと私たちのマリアが到着したわ!」と、迎えて下さって、
親しい人へ「私の、私たちの」と、呼ぶ習慣に最初は戸惑いましたが、慣れますと温かな愛情が感じられ
とても素敵な表現に思います☆

昔、子供たちに読み聞かせていた頃の事を思い出し、またあらためて、子供たちとフランス語の勉強を
兼ねて懐かしく読み返しています。^^

もう一冊、大好きな本は、アンジュール―ある犬の物語。 

20111001_33ujuc.jpg

この絵本はただ鉛筆のデッサンのみの絵本で言葉は一切なく、それでも犬の気持ちが雄弁に
描かれています。 動物愛好家の多いベルギーも、バカンス捨てなど犬猫にとっては大変残念で厳しい
現実もあります中、人の冷酷さと温かさを、ガブリエル・バンサン独特のタッチで描かれています。

原語に出会うまで、アンジュール=この犬の名前だとばかり思っていましたが、フランス語で
アン ジュール=un jour (ある日) という意味だったのですね。^^; 
un jour, un chien,ある日、ある犬の物語、です。
この記事のURL | 愛読書 | ▲ top
魔女マリアのルーツ
- 2010/04/08(Thu) -
以前、大切な宝物☆生まれてはじめてのバースデープレゼントと題し、叔母から贈られました
世界童話文学全集につきましてお話させて頂きましたが
、そんな叔母から、3歳の誕生日に
プレゼントとして贈られましたのが、こちらの↓『小さなスプーンおばさん』でした☆ 
小さなスプーンおばさんは私にとって今でも大好きな愛読書の一冊で、気づけば40年読み続けています。^^

024teaspoon1.jpg

40年も経つとカバーはボロボロ・・・。^^

028teaspoon2_edited-1.jpg

小さなスプーンおばさんは、肝心な時に、ティースプーンくらいに小さくなってしまうのですが、
その小ささを嘆きつつも、結局は賢く楽しく過ごしてしまえるところが素敵で、また、小さくなれば
猫やカラスなどとも会話ができるようになれるおばさんが羨ましく思えたり、夏至のお祭りやコケモモ
の実、しょうがクッキー、コーヒー占い(スプーンおばさんからコーヒー占いの方法を教わりました)等、
幼稚園児な私には不思議な言葉だらけで興味をそそるお話ばかり、大人になってからもページを捲る度
子供の頃のワクワクが蘇り、童心に戻れるのです。^^ 

小さなスプーンおばさんは、ノルウェーをはじめ、ヨーロッパ各国で評判となった童話で、
笑いと空想に満ちた楽しく不思議なお話☆ 大人の方にもオススメの童話です。^^
勿論、子供達にもしつこく読み聞かせました一冊です☆

それともう一冊。 こちらは・・・5歳頃のお誕生日だったかしら。 同じく叔母からのプレゼント
として頂きました本@小さい魔女です。↓

032chiisaimajyo1.jpg

小さなスプーンおばさん同様、大好きな愛読書の一冊です。^^ 
年上の意地悪な魔女達にいじめられながらも、小さい魔女は自分を信じ、彼女らしさを失わず、
躓いたり失敗したりしながらも、彼女の方法で一生懸命立ち向かう姿がかっこよく、応援しながら
夢中になって読みました。^^

そんな2冊の英語版を、先日本屋さんで見つけて大喜び!

これからフランス語同様、英語も必要になりますし、星の王子様のフランス語版と同じように、
勉強も兼ねて読むのが楽しみです。^^

030teasoon56.jpg

魔女マリアのルーツともいえます、多大な影響を与えてくださいましたこの2冊の本につきましては、
後程趣味の部屋の「魔女マリアの宝箱」か「愛読書」にてゆっくりお話させて頂きますね。^^

小さい頃から私を可愛がってくださり、時には読み聞かせを、時には奇想天外なイマジネーションから
作り出される面白く不思議なお話を沢山聞かせてくださった叔母には深く深く感謝しています☆
この記事のURL | 愛読書 | ▲ top
l'essentiel est invisible pour les yeux
- 2010/02/16(Tue) -
ベルギーへの引越しが、思った以上に大変ということを知り(かなり細かい規定条件が多く・・・
そのうち本当に夢で見たように「うさぎを連れてこなければ入れてあげないよ」なんて言われる
かもね、などと夫と話しています。)、引越し時期は当初考えていました時期より少し延びる
かもしれません。

延びるとのことで少しホッとする私ですが、ベルギーへ行けば住む予定の場所はフランス語を
使うので、とりあえず英語はどこでも通じるとはいえ町の標識等全てフランス語ですから、
フランス語がわからないと迷子になってしまいそうです。
ですので今、ちょっとずつフランス語会話の本等を見ているのですが、しかし矢張り切羽詰まら
ないと中々覚えられないものですね。^^; 
ブラジルへ行く前も、ポルトガル語会話の本等を見て単語や重要フレーズなど覚えようと思い
ましたが現地では全く役立たずで、私にとって語学は習うより慣れろ、のようです。
ブラジル人の恋人が出来た途端、随分ポルトガル語が話せるようになりましたし(必要に迫られ、
相手のことをもっと知りたいと強く思えば意欲がわくもので)、インターナショナルスクールでの
英語も、結局は友達と仲良くなり、パジャマパーティー等で馬鹿騒ぎしているうちに自然に覚えました。
机に向かって勉強しても、私には語学は中々身に付かないようです。^^;
帰国し、大学では単位を取る為、とりあえずラテン系なポルトガル語に似たフランス語も受講
しましたものの、当たり前ですがポルトガル語とは発音から何から全然違うので難しく、次第に
講義を欠席する日が増え、単位もギリギリ取れるくらいで、結局覚えたフランス語といえば
「Bonjour」「s'il vous plaît」くらいなもので(情けない)何の役にも立たずでしたが、それでも
フランス語の講義を受けて良かったことがひとつだけありました。その講義の際、教本として
出会いましたのが、後に私の愛読書となります、「星の王子さま」だったのです。フランス語の本は
ちんぷんかんぷんでしたので、日本語の本を求め、読みましたらすっかり夢中になり、未だに何度も
読み返しています。
フランス語はさっぱり駄目でしたが、星の王子さまと出会えましたのはとても有難い事でした。^^

焼け石に水とは思いながら、大好きな星の王子さまのフランス語なら、聴いて楽しめるかも、と、
このような↓セットを求めました。^^ こちらの方が、所謂フランス語会話の本より余程、印象に残り
覚えられる言葉が多いように思いましたので。^^

対訳フランス語で読もう「星の王子さま」 [朗読CDセット版]対訳フランス語で読もう「星の王子さま」 [朗読CDセット版]
(2009/05)
アントワーヌ・ド・サン・テグジュペリ

商品詳細を見る

イメージ画像がありませんので、手元にあります実物を撮影しました。↓

007hoshinooujisama.jpg

こちらは二十数年来の愛読書、Le Petit Prince ☆ 星の王子さまです。↓

008hoshinooujisama1.jpg

本日のタイトルは、星の王子さまに出てきます大好きな言葉のひとつで
最近やっと覚えましたフランス語です。^^

「l'essentiel est invisible pour les yeux (最も大切なものは目に見えない、本質は目に見えない)」

これから少しずつ、耳を慣らし気に入ったフレーズを覚えていけたならと思っています☆
この記事のURL | 愛読書 | ▲ top
| メイン | 次ページ