お福酒造 五十五年目の純米酒
- 2008/09/19(Fri) -
午前3時過ぎ、電話鑑定の仕事を終えホッと一杯楽しんでます。^^ (って何だか最近このフレーズが
続いてますね(笑))

2008-6-19 076

お福酒造  五十五年目の純米酒。

醸し続けて半世紀。 五十五年の歳月は長いですね。 あと13年かぁ・・・。 五十五歳のアタシは
何してるんだろ? こんな風に、相変わらず深夜仕事の後、ホッと一杯やってたりするのかなぁ。

ちなみに13年前はこんなん↓でした。(笑)  

04-12-17_15-39.jpg

NYのブロードウェイにて、とっても場違いな日本人親子の図。^^;

色々大変だったけど、あの頃があって、今があって。^^ そして、今があって、未来があるのね・・・。

何度もやめようと思ったこの仕事も結局、20年以上続いてるんだわ・・・

・・・な~んて、飲んだくれながら愛犬愛猫と会話する夜なのです☆
この記事のURL | アメリカ生活 | ▲ top
The Windy City
- 2008/02/23(Sat) -
外は物凄い風。  こういう日はシカゴを思い出します。

シカゴは 『The Windy City』 がニックネームになっている程、風の強い日が多く、
折角セットしたヘアスタイルも、外へ出るとグチャグチャになりガッカリ・・・ 
ということも多いのですよね。

画像 016

シカゴで毎日のように運転してました懐かしの愛車☆

この記事のURL | アメリカ生活 | ▲ top
クッションカバー
- 2008/01/10(Thu) -
年末年始は前々から作り換えたいなと思っていましたクッションカバーを作ろうと、
思い立ちました。 両手が前足な私でも、とっても簡単にできるシンプルなカバーなので、
30分もあればひとつできてしまいます。

アメリカに住んでいました頃、薔薇モチーフが素敵なローラアシュレイの雑貨を見に
行くのが楽しみのひとつでしたが、その当時、バーゲンで、布切れを見つけるのが
楽しみでした。 赤ちゃんだった娘を連れ、親子でお揃いの服を揃えた序でに
見つけていたのですが、カーテン生地やベッドカバー生地などの余り布が3ドルくらいで
売られていたのですよね。
薔薇モチーフは勿論、それ以外でもカラフルで可愛いプリントなどもありました。

2007-3-19 023

2007-3-19 024

07-12-31_17-25.jpg

中でもカーテンの余り布で、丁度、クッションカバーがふたつ作れる大きさの、↓こちらの
柄がとても気に入っていて、手にしてから10年目でやっと、日の目をみることに☆

2007-3-19 022

ローラアシュレイっぽくない珍しいプリントで、しかも大好きな犬猫というので思わず
手にとってしまったものです。

暮れの草木も眠る丑三つ時に作業スタート。不器用ながらもなんとか出来上がりました♪

2007-3-19 020

「う~む・・・ 縫い目がかなり粗くて雑だなぁ・・・」と、厳しいチェックを入れてる風な
宵っ張りネロ。^^;;;  あまりじっくり見ないで~。

2007-3-19 019

この記事のURL | アメリカ生活 | ▲ top
| メイン |