爪が・・・(涙
- 2010/01/11(Mon) -
やっと重い腰を上げ、引越しの準備をスタートしようとダンボール箱を持ち上げました瞬間、指先に
メリッ という嫌な感触が走り、恐る恐るチェックしてみましたら案の定、人差し指の爪がバッツリ横に
真ん中辺りまで割れてしまっていたのでした。
トホホ・・・折角やる気になったのに指先がジンジン痛くて・・・

021nail.jpg

ネイルグルーで応急処置。 引越しが終わるまで当分、爪は短めにカットしなければ。

画像↑の デュカート 割れ爪レスキューセット、常備しておいて良かったです。^^ 
使い方はとても簡単&優秀です☆

一度修復しましたら長持ちしますし、あったら安心なセット☆爪が弱く貧血体質な私に(特に寒く乾燥すると)
は手放せません。 これからの季節は割れ爪予防にネイル&ハンドクリームでこまめにケアしなければ
ですね。^^
この記事のURL | ドジな出来事 | ▲ top
星がチカチカ・・・ (涙)
- 2009/07/27(Mon) -
以前、ピーラーで自分の手の皮まで剥いてしまった出来事から「苦手な家事」カテゴリーを作りましたが、
良く考えてみると、私のこのボーっと抜けている、尋常じゃないドジさ加減というか粗忽さが原因という
ことを思い知りましたので、カテゴリーの名を「ドジな出来事」に変えました。(涙

さて、今回どのようなドジな出来事があったかを、恥を忍んでお話させていただきます。

昨日は病院の予約日でしたので出かけなければならず、夫に送って貰う為車の助手席に乗り込む
際、ドアを開けた時、その悲劇は起きました。(涙) 何を考えて行動したのか、ドアを開けると同時に
車に入り込もうと身を屈めてしまった私はガツンと思いっきり車のドアの角に自ら額を強打し、目から
火花が飛び散るようにお星様がチカチカキラキラ見えたのでした・・・(涙
額は見る見るまるで漫画のように大きなタンコブと化し、痛さも激しいなんてものではなく、声も出ない
程酷くその場に蹲り、ビックリした夫は家に戻りアイスノンを持ってきてくれて、タンコブが膨れ上がる
まま病院へ出かけ、額にアイスノンを当てての診察となり、お医者様も呆れつつ 「・・・それにしても
酷いこぶだね。大丈夫だと思うけど、念の為あまり痛さが続くようなら精密検査した方が・・・ 」と、
仰ってましたが(行き先が偶々病院で良かった(涙))今は随分、痛みが引きました。
・・・しかし子供じゃあるまいし、43歳にしてタンコブだなんて・・・(恥

ブログにもその痛々しく膨れ上がったタンコブ画像を載せようと思いましたが、前回の手の皮を
ピーラーで剥いた画像同様、グロすぎるので(もう、ホラーの世界です)控えます。 

夫が早速買ってきてくれました、冷やしグッズ。 兎に角冷やした方が良いとのことで。(涙
デコデコクール、って、すっごくわかりやすいネーミング。 まさかタンコブを冷やす為に使うとは・・・
(例えばこんなときの冷却に・・・というところに、発熱時、寝苦しい夜、仕事に集中したい時、眠い時
のリフレッシュ、スポーツの後に等とありますが、『タンコブができた時に』はさすがにないです)

P1050999.jpg

お陰さまで、一晩で随分腫れも引きましたが、額の半分が紫色に変色し、ああ、前髪を下ろした
ヘアスタイルで良かった、と、これほど思ったことはありません。(泣
(哀れな額の冷やし画像↓)

090727_183101.jpg

それより、顔面を強打せず、切れたりせず良かったと思わなければ・・・。

ここのところ、色々あって疲れてフラフラしていたせいもあるかもしれませんが、そのせいばかりでは
なく、矢張り私のこの、どこか抜けたドジさ故の出来事と思っています。
どうやったら自ら車のドアを開け額をぶつけられるかなあ!これまで何度車に乗ったか数えると気が
遠くなる程車のドアを開けてますが、生まれてはじめての体験、というか、きっと、こんなドジやるのは
世の中私くらいなものでしょう。 40にしてとうとうボケてきたか?!最近ドジさに磨きがかかっている
気がします。

前回も書きましたが寝ぼけてお手洗いへ行こうとフラフラ彷徨っている際、思いっきり顔を壁にぶつけ
たりですとか。 この前なんかベッドから起きて足元がふらついて、ほっぺを寝室の壁に擦るように
ぶつけて痛かったの何のってもう!(どうやったら壁に顔をぶつけられるのか・・普通、手が先に
出ないか?と家族に不思議がられています・・)

それにしても額にタンコブなんて、何十年ぶりだろう・・・ 子供の頃以来ではないだろうか。(恥
この記事のURL | ドジな出来事 | ▲ top
やっちまった(涙)  その後
- 2009/07/15(Wed) -
昨日は過ってピーラーで自分の手の皮まで剥いてしまったアホなアタシに、沢山のお見舞いメッセージ、
とても嬉しく拝読致しました。(嬉涙) ありがとうございました☆

幸い傷は浅かったようで、止血後、キズドライを拭きかけ、夫に買ってきてもらいました防水タイプの
絆創膏を貼り、何とかお風呂もOKで、落ち着いています。痛みも昨夜よりは随分引き、触れなければ
大丈夫ですし、こうしてパソコンのキーも打つことが可能ですが ただ、トリ頭故、怪我をしたことをすぐ
忘れてしまうので、左手で何か重い物を持ってしまったり、立ち上がったりする際左手をついたりしては、
「イテテテテ・・・(涙)」という事態はよく起きています。(涙

傷口画像はあまりにもグロいので掲載は控えますが、今時の絆創膏って進化しているんだなぁなんて
あらためて感心しています。^^

P1040974.jpg

P1040940.jpg

中でも↑キズパワーパッドという絆創膏の凄いことったら! 消毒剤や軟膏など使う必要なく、怪我
をしたらすぐに貼ってしまえるのです。(勿論、キズを水でよく洗ってから)

何でも先端医療テクノロジーがキズを早く治してくれるのだそうで、貼るだけで自然治癒力を高めて
くれるんですって。体内から集まる「キズを治す成分」をゲル状にしてキズ口に保持するそうで、
また、高い粘着力と、防水性、しかも、肌が弱くいつも絆創膏でかぶれて痒くなってしまう私には大変
ありがたい低アレルギー性粘着剤を使用しているそうです。^^

昨日からつけていますが剥がれることなく、ぴたっと密着、そしてキズが白く膨らんで保護している
みたいなの♪

なんて、ノウテンキに喜んでないで、気をつけなければ、ですね。 スライサーやピーラーでの事故、
多いそうですから、やっぱり包丁の腕を磨くしかないかぁ・・・(と、何度思ったことでしょう・・・ 多分
今回も思うだけで終了の予感・・・)

そうそう、キズといえば・・・

我が家にはルナ&ネロがいますので、生傷が絶えません。^^; お二方とも爪切りが大嫌いなので、
嫌がられてその時はあちこち生傷が。^^;  
それでもやっとここのところおとなしく我慢することを覚えてくれるようになり、随分慣れてきましたが・・・
ルナがまだ1歳半頃だったかしら、左手の甲下部分に、爪切りの際強く抵抗された時に深く引っかき
傷の爪痕が残り、未だに丁度一センチ程白く刺青のようになってます。 
でも、これは一生治らなくて良いと思っています。 ルナとの貴重な思い出、年を取ってルナがいなく
なっても、手の甲の爪痕を見ればルナを思い出せますし、ルナがつけてくれたタトゥーと思ってます。(笑

090715_023433.jpg

ネロさんは、細い爪なので、しかもかなり手加減してくれますから引っかかれても蚯蚓腫れして
おしまいなのですが・・・ 

いや、ネロさんやルナちゃんばかりのせいではなく、私は本当におっちょこちょいで、粗忽で抜けて
ますので、肘や膝、脛等あちこちぶつけたり怪我生傷が絶えず、特に脚なんか、必ずどこかが青紫色
に変色してたりします。 ぶつけたその時は痛いのでしょうけど、こういう青紫痣って、本人が痛さを
忘れた頃、後でジワジワ出てくるものですから、「またどこかにぶつけたの?」と、夫からいつも呆れ
られてます。

また、寝ぼけてお手洗いへ行こうとフラフラ彷徨っている際、思いっきり顔を壁にぶつけたりですとか。
この前なんかね、ベッドから起きて足元がふらついて、ほっぺを寝室の壁に擦るようにぶつけて
痛かったの何のってもう!
(どうやったら壁に顔をぶつけられるのか・・普通、手が先に出ないか?と家族に不思議がられています・・)

・・・ 家事以前に粗忽さを直しおしとやかにならなければ・・・ って今更遅いか。(汗
この記事のURL | ドジな出来事 | ▲ top
| メイン | 次ページ